4daysの4
芳垣安洋 4デイズ Orquesta Libre Prays Standards @ 新宿PIT INN - 11.06.24
20:08-21:05, 21:24-22:32, 22:33-22:40

高良久美子(vib,har,etc) Gideon Juckes(tuba) 鈴木正人(b) 芳垣安洋(ds)
藤原大輔(ts) 渡辺隆夫(tp) 青木タイセイ(tb,har) 塩谷博之(ss,cl) 椎谷求(g) 岡部洋一(perc)

今年の4daysは最終日のみ行くことが出来たのだが、これほどに行って良かったと心底思えるライブになるとは。スタンダード、ノーPA、生音、管楽器厚めの編成など、最近数年で試みられてきた点と点が一気に線に結びついて動き出した感のある、あまりにも素晴らしい演奏で、聴きながらずっと涙を堪えていた。

まあ、やはりスタンダードといっても芳垣さんのスタンダードなわけで、序盤はカルロス・ガルデルやモリコーネなど、いつも以上に彼ならではの選曲だったのだが、次第にバカラック、クルト・ワイルやモンクなど、馴染みの曲になっていく。しかし、今回は今までに無い大編成とタイセイさん入魂のアレンジメントにより、渋めの選曲が更に渋く、かつとびきりの開放感を持った全く新鮮な演奏になっていた。特に耳を惹くのは、厚めの管楽器隊が生み出す綺麗で柔らかなサウンドやハーモニー。予約無しで入場したにもかかわらず運良く最前席の端、管楽器隊の目の前に座ることになった自分の位置では、ノーPAの生音がたまらなく気持ち良く響いていた。あと、サンタナの曲での高良さんのソロも凄かった。

最後に「またやりたい」と芳垣さんが話していた。準備もメンバーを集めるのも大変だと思われるが、今回みたく生音がきちんと聴ける場所でまた観てみたいところ。

物販で、GideonのFarmyard Animals TrioというトリオのCDと、南博トリオの新作を購入。
[PR]
by m4k0t1 | 2011-06-25 02:13 | live
<< Saori@destiny「D... 少女時代 First Japa... >>